ワークマンで購入した自転車通勤に最適!防風撥水手袋を使ってみた!

冬の自転車通勤に使える手袋が欲しい。

困っている人

けいたろう

今回はそんな悩みを解決できる記事になっています!

 

 

本格的な冬を迎え、毎日の自転車通勤には手袋が欠かせない季節ですね。

 

 

そこでワークマンにて防風撥水手袋という商品を見つけたのでこの商品についてレビューしていきたいと思います!

 

 

この記事では防風撥水手袋の特徴やサイズ、価格、良いところ・気になったところをまとめています。

 

 

この記事を読めば防風撥水手袋の特徴や着用感、メリット・デメリットがわかるようになっています!

 

 

ワークマン防風撥水手袋とは

それではまず防風撥水手袋とはどんなものなのか紹介していきます。

 

 

特徴

テフロン加工で撥水。手の甲にファスナー付きポケット搭載

おすすめポイント
・テフロン撥水
・ポケット付き
・タッチパネル対応
・防風

素材/本体:ポリエステル・ポリウレタン/手のひら当て部分:ポリエステル100%/パイピング部分:ポリエステル・ポリウレタン
指先部分:人工皮革/中わた:ポリエステル100%/裏側:ポリエステル100%

※手袋のサイズが合わない等の原因でパネルが反応しない場合があります 。

 

引用:WORKMAN Online Store

内側は起毛素材となっていて保温性はなかなか高いです。

 

デザイン

次にデザインです。

防風撥水手袋 正面
防風撥水手袋 手のひらすべり止め

手の甲部分にファスナーポケットがついています。

 

 

手のひら部分には突起状のすべり止めがついているのでグリップ性も十分です。

 

 

カラーバリエーション

次にカラーバリエーションは迷彩・ブラックの2色です。

 

 

 

サイズ

つづいてサイズについては下記の表をご確認下さい。

サイズ LL

 

 

価格

つづいて価格です。

 

 

私は実店舗にて¥1,500(税込み)で購入しました。

 

 

WORKMAN Online Store でも同じく¥1,500(税込み)です。

 

 

ワークマン防風撥水手袋を使ってみた感想

次に実際に使用してみた感想です。

 

 

ちなみに私の手の大きさは手首から中指の先までが約18㎝、幅が約8.5㎝です。(着用サイズはL)

防風撥水手袋 ポケット使用

 

 

私の手の大きさでLサイズは大きすぎず、またキツくもなくちょうどいいサイズでした。

 

 

また、普段手の甲のポケットに自転車のカギを入れて使用していますがほとんど気になりません。

 

 

さらにタッチパネル対応で多少強めに押しながらでないと反応しませんがしっかり操作可能です。

 

 

ワークマン防風撥水手袋の良かったところ・気になったところ

次に防風撥水手袋の良かったところ・気になったところについてまとめました。

 

気になったところ
  • 手首部分にゴム等が入っていないので風が強い日などは多少冷気を感じる
  • 撥水効果は長く使用しているとかなり低下してくる。

 

良かったところ
  • 内側の起毛素材により保温性が高い
  • 防風対応なのでほとんど風を通さない
  • 手の甲部分にあるファスナーポケットに自転車のカギなどを入れられるので使い勝手がいい

 

 

まとめ

カラーバリエーションは迷彩・ブラックの2色でサイズはM・L・LLの3サイズ。

 

 

高い保温効果使い勝手のよいファスナーポケット付き¥1,500(税込み)!

 

 

真冬にはとても心強い味方になってくれそうです。

 

 

なお、この手袋が気になったという方は↓からワークマンオンラインストアへ移動できます。

 

 

※2020年12月現在、オンラインストアでは欠品中の為、実店舗にて在庫確認してみてください。

 

 

この冬はぜひ防風撥水手袋で快適な自転車通勤を体感してみてください。

 

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。